Medical

摂取量

葉酸を必要量だけ摂取する方法

妊娠中や授乳中にはたくさんの葉酸を摂取したいものです。 しかし実際には葉酸の摂取量が不足しているケースの方が多いようです。 葉酸が多く含まれている食品は納豆や緑黄色野菜やイチゴや枝豆などがあります。 毎日の食事の中でできるだけ取り入れたいものです。しかし注意点は葉酸は水に溶けやすくて熱に弱いという性質があります。 調理などの過程で葉酸の栄養素が約半分になってしまうこともあります。 そのような時には葉酸サプリを取り入れるようにすると良いです。食事だけでは必要量が摂取できなかった分も葉酸サプリで補えることが可能です。 栄養補助食品として食事にプラスしていくと良いでしょう。 食事を食べないで葉酸サプリだけに頼ることのないようにしなけれぱなりません。

葉酸サプリの働きを知る

葉酸は細胞の生成や発育をサポートしてくれる大切なビタミンです。 おなかの中で赤ちゃんが元気に育っていってくれるのに大事な役割をする栄養素になります。 早産になってしまうリスクを避けたり、赤ちゃんが低出生体重児出産になるのを防いでくれます。 また出産してからも、授乳することにより赤ちゃんに栄養が届くため葉酸が含まれている食品や葉酸サプリを取り続けるようにすると良いです。 その他にも摂取したい栄養素にはカルシウムや鉄分などがあります。 妊婦さんは貧血などになりやすいので多く取り入れるようにしましょう。 つわりが辛い時には無理をして食べなくても良いです。体調が安定してきたら栄誉のあるものをしっかり取り入れてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加