Medical

料金について

料金はどのくらいかかるのか

体外受精というのは、不妊に悩む人達の最後の砦とも言われている不妊治療法です。 これは通常は体内でおこなわれる受精を、体外で受精させてから体内へと戻すといった方法となっています。 このように体外で受精を行うのがこの治療方法の特徴でもあるのですが、そのぶん高い技術や適切な設備も必要となる治療法です。 そのため通常の不妊治療よりも、料金は高くなるのが一般的なのです。 一番ポピュラーな排卵誘発治療などでは10万円程度なのに対し、体外受精にかかる金額というのは、だいたい40〜50万円となっているのです。 とはいっても少子化問題などの影響もあり、近年ではこうした体外受精などに補助金が出るところも少なくありません。 地域によっては、条件や回数制限はあるものの全ての治療費用を全額負担してくれるところも存在しています。

これまでの移り変わり

不妊で悩む人というのは、数多く存在しています。 そのため不妊に関する研究や、治療方法などもどんどんと進んできています。 昔は排卵日を特定して妊娠を促すといったものが主流となっていましたが、技術と医学の進歩によって、体内で人工的に受精させることができるようになっていったのです。 しかも今度はその受精を、体外でも行えるようにもなりました。 特にこの体外受精というのは進歩が目覚しく、受精卵をすぐに体内に戻すといった方法から、ある程度体外で様子を見てから元気なものを選んで体内に戻すといったものに変わってきています。 このことによって妊娠率も高まり、現在では体質や高齢で妊娠を諦めていた人達にも希望を与える結果となっているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加