Medical

治療前のこと

治療前に行う検査とは

結婚した男女がゆくゆくは子供が欲しいと思うのは自然なことです。それでもなかなか子供ができなくて不妊症ではと悩む夫婦は多いものです。 結婚して避妊をしていないのに2年以上子供が出来ないという夫婦は、不妊症の可能性があります。 不妊症の検査をしたほうがいい人というのは、結婚して2年以上たっているのに妊娠しない人、2年は経過していないものの女性が30代を超えている人などになります。 また、妊娠するかどうか不安な人も検査を受けたほうがいいといえます。 不妊治療に入る前の検査とは、主に血液検査とホルモン検査、女性の場合は卵管の具合が正常かどうかということを調べます。 男性の場合は、精液検査で精子があるかないかという検査になります。 不妊治療前の検査では、異常がないことがよいのです。なぜ妊娠しなかったのだろうという原因の追究よりも妊娠する可能性があるということが分かればいいのです。

基本的な不妊治療について

不妊治療前の検査で異常なしとなれば、安心して不妊治療をすることが出来ます。 治療は、タイミング法、人工授精、体外受精となります。 タイミング法は、不妊治療をする最初の治療法となります。排卵日を正確に測定しその日に合わせて夫婦生活をします。 次は、人工授精となりますが、30代を超えた女性の場合は最初から人工授精をしたほうがよい場合があります。人工授精は、精子を人の手で女性の子宮内に注入する方法です。人口といっても結局は女性の子宮内で育つことになります。 タイミング法でも人工授精でも妊娠しない場合には、体外受精となります。 不妊治療にかかる費用は、人工授精までは健康保険を使えますが、体外受精には健康保険を使うことはできません。 この対外受精は、精子と卵子を取り出し外で受精させる方法です。 この体外受精は一般的な不妊治療の方法として、行う夫婦が増えているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加